佐佳枝廼社

当神社は寛永五年、福井城内に社殿を建立し、東照宮権現様(徳川家康公)をお祀りしたことに始まり、
明治六年、松平春嶽公により社名を佐佳枝廼社と命名されました。
毎年、正月祭には多数のご参拝者が初詣にお越しになります。
そして10月から11月には七五三参り、また一年を通して神前結婚式も数多く執り行っております。
季節の祭事に、人生の節目に、ぜひ当神社をご利用ください。